カリキュラム
エル・エー宅建講座は、講義40回、答練7回の全47回。過去の出題を徹底分析して合格に必要な情報を絞り込みつつも、厚みのあるカリキュラムを組んでおり、「速学」の名の通り、全47回で合格に十分な知識と解答力を養成します。
エル・エー宅建講座のカリキュラムは入門期>合格力完成期>試験直前対策期で構成されており、合格力の蓄積がスムーズに、本試験レベルまで成されます。まず『合格テクニック』『宅建スタートアップ講座』で、本論に入る前に学習に慣れてもらう下地を作ります。次の『基礎入門講義』では各科目の「学習の地図」ともいうべき全体のアウトラインを見て、これから何を学ぶかを把握します。『徹底攻略講義』で各科目の本論の内容を、本試験の傾向を踏まえながら押さえていきます。各科目学習の節目では『科目別復習答練』で、知識定着と弱点確認を行います。
合格力完成期までに9割の実力を養成したら、最後の1割は本試験対策。本試験に直結した講座として、『直前対策講義』『要点総まとめ講義』『総合模擬答練』を受講します。これで、最終的な実力確認を行い、10月の本試験に備えます。

2018年合格目標 エル・エー宅地建物取引士講座 カリキュラム

カリキュラム
講座/科目 回数 権利関係 宅建業法 法令上の制限 税その他
合格テクニック講義 2回
宅建スタートアップ講義 2回
基礎入門講義 3回 1回 1回 1回
徹底攻略講義 30回 13回 7回 6回 4回
科目別復習答練 5回 2回 1回 1回 1回
直前対策講義 1回
要点総まとめ講義 2回
総合模擬答練 2回 (総合問題) (総合問題) (総合問題) (総合問題)