goto-appeal1.gif
goto-appeal2_1.gif
goto-appeal3.gif
goto-appeal4_t.gif
宅地建物取引士
宅建速学合格コース
~ 標準学習時間 ~
3ヶ月~10ヶ月
『2018宅建速学合格コース』は、全47回の講義で、全くの学習未経験から合格まで導く、おすすめのパッケージコースです。宅建士試験の知識習得に必要な講座がすべて含まれており、受講料価格は独学+α程度の、69,000円。講義を提供する宅地建物取引士通信教育では、合格実績と費用のパフォーマンスで、各種ランキングや口コミで評判の、一押しコースです。ぜひ無料体験講義も視聴していただいて、他学校と比較してみてください。
~ 総時間 ~
約90時間
  2017年
12月
 
初回
発送
状況
当講座の初回発送は、
2017年12月
です。その後、随時発送致します。
資料請求
講座申込
2018年合格目標講座案内
2018宅建速学合格コース(全47回)
コース詳細を見る
2018宅建速学合格コース
通信オンライン受講クラス
(講義/インターネット、レジュメ/ダウンロード)
69,000
■追加オプション
通信オンライン受講クラス
+印刷レジュメ送付
(講義/インターネット、レジュメ/郵送)
+8,000
通信オンライン受講クラス
+講義DVD送付
(講義/DVD、レジュメ/ダウンロード)
+12,000
通信オンライン受講クラス
+講義DVD+印刷レジュメ送付
(講義/DVD、レジュメ/郵送)
+20,000

「宅建速学合格コース」は、ゼロから宅建の勉強を始める方はもちろんのこと、前回受験したけれど思うような結果が出なかった方、これまで独学でしか勉強をしたことがない方にもお薦めする完成コースです。基礎入門から学んで合格レベルまでの実力を、丁寧かつスピーディに養成します。一発合格者、再受験合格者共に、好評の講座です。

●講義40回、答練7回の合計47回でコンパクトかつ十分な学習量
●宅建士試験の膨大な試験範囲を効果的かつ網羅的に学習、充実の90時間カリキュラム
●『満点は必要なく合格点を目指す』というコンセプトのもと、出題可能性の低い項目は省略し、重要項目をピン ポイントに押さえることで、全47回という回数を実現
●答練もボリューム・難易度ともに段階的に上げていくことにより、ムリのない実力養成を行います

 


年代グラフ
年代 年代

『もっと安い講座もありましたが、授業の試聴をしてみたら物足りなかった。やっぱり値段が安すぎるのには理由があるなと思いました』(40代 男性受講生)
『エル・エーの講座は最安値の講座よりも少し高めでしたが、講義が聞きやすくて、わかりやすかったので、結果として良かったです』(30代 女性受講生)

エル・エーの受講生中、実に半分以上が30代、40代。
仕事や家事で多忙な中、資格合格を目指したいという方に選ばれています。

チャートタイトル チャートタイトル
チャート チャート
合格できる、合格させるエルエーシステム
合格祝賀返金制度
合格祝賀返金制度
詳しく見る
『合格祝賀返金制度』は、エル・エーの各種コースの受講生で、受講年度の本試験に見事合格された方には、最大でお支払受講料の半額(※)を、祝賀金として返金する制度です。この『合格祝賀返金制度』を目指して、合格を勝ち取ってください!!
オンラインクラス
スマホで、PCで!オンラインクラス
詳しく見る
いつでも、どこでも。スマートに、スタイリッシュに。ノートPCやスマホ、タブレットを持ち出して空いた時間に資格の勉強。これからのスタンダードです。音声ダウンロードも無料完備。最新鋭のオンライン受講クラスで、資格学習は変わります。
カリキュラム
ゼロからしっかり、
カリキュラム
詳しく見る
ゼロからしっかり、段階的に。ムリ無く、ムダ無く。エル・エー宅建講座は、講義40回、答練7回の全47回。合格とスピードを両立させるために、効率的なカリキュラムの組み立てを行い、講義全47回での修了を実現しています。
講師
わかりやすさの決め手
実力派講師
詳しく見る
講義の内容を受験生にしっかり吸収させるのは、講師の実力が決め手。独学との一番の違いが講師の存在です。 エル・エー宅建講座は、『不動産のプロフェッショナル』片川卓也講師が全講義を担当します。
教材
ボリューム十分
使いやすい教材
詳しく見る
合計90時間の映像講義と、初学者にも使いやすいテキスト類。エル・エーの講座教材は、市販の参考書や問題集を効果的に組み合わせて、教材としています。映像講義は十分な時間を確保。合格に必要な情報を網羅した講義を行います。
受講サポート
受験中の安心
受講サポート
詳しく見る
合格祝賀返金制度はもちろん、受講中の質問にはWEB質問&電話質問制度、特待生制度や再受講割引、受験関連各種情報の適時提供など、受験期間中の負担を少しでも減らすべく、様々な受講サポートをご用意しています。
無料講義体験、説明会動画
無料講義体験、説明会動画

独学や、テキストと問題集だけの通信講座との一番の違いは、やはり徹底講義。講義は、全講義回を毎年収録!!通学スクールと同様、フレッシュな最新試験情報をお届けしますので、内容も安心です。
エル・エーの合格講義は、選び抜かれた経験豊富な講師陣が担当。その講義内容のグレードの高さが、高評価のコストパフォーマンスへとつながっています。資格を持っているだけの講師では不可能な、実務に裏打ちされた深みのある講義を、ぜひ無料体験で確認してください。

講義動画を無料体験試聴する
無料説明会動画を視聴する
『私たちは宅建速学合格コースで合格しました!!』 SuccessVoice SuccessVoice

他社と比べても、安い上に聞きやすかったエル・エーを選びました!!

三橋 さん
合格者1
Q.どうしてエル・エーの宅建講座を選んだのですか?

A.最初に宅建を受験しようと決めた時は独学で勉強を進めていこうと思っていました。しかしいざテキストを購入し勉強を始めると2週間程で行き詰ってしまい、何かしらの講座を受講することにしました。通学の講座を受講するには仕事の時間が不規則であることと、料金が高いことがあり無理だと考え、通信講座を受講しようと思いました。そこで様々な講座の資料を請求してみました。その中でエル・エーは料金が安く、先生の講座の説明が他の学校と比較して聞きやすかったです。また合格時に祝賀金として講座の半額が戻ってくる、と言う特典が1番の決め手の理由です。合格時に返金されれば、やる気も出るし合格した時の自分へのご褒美となるな、と思いました。

Q.エル・エーの宅建講座はいかがでしたか?

A.通信講座なので、自分のペースで勉強できました。しかしDVDの授業は私には説明が細かすぎる部分も多かった様に感じました。最初はその全てを理解しようとしましたがとても時間が足りなく、過去問と照らし合わせて出題傾向が高い分野だけを特に細かく見ることにしました。先生が図や、AやBで説明してくれる箇所はわかりやすく過去問を解く時に抵抗なくとりかかれる説明でした。

Q.どのように学習しましたか?

A.6月中旬から独学で、7月中旬頃からエル・エーの通信講座の受講を始めました。1日3~4時間、休みの日には6~7時間程勉強していました。私は過去問を解かなければ試験で点数が取れないと思い、テキストを一通り終えてからはひたすらに過去問を解きました。結果としては、10年分の過去問を解いていました。また直前の時期には、間違えた問題をもう1度解いてみたりもしました。
テキストを一通り終える方法は、1、2枚DVDを見終えてから、その分野の過去問を解くと言う方法で進めました。その際先生がおっしゃっていた、「間違った問題は、正しい知識を付箋に書きドアや壁の目に付く場所に貼る」と言う方法を実行してみました。すると毎日無意識でも目にしていたので付箋に書いてあることは、いつの間にか覚えていました。さらに自分の間違えやすい分野・選択肢の傾向が見えてきました。その間違えやすい分野の過去問の箇所は少し時間をかけて解き、解説を丁寧に見て、苦手(弱点)を埋めていきました。しかしどうしても苦手が克服できない分野は最低限だけの知識を勉強するだけにしました。深く勉強しているよりも、他の分野の基本的な知識を見直したほうが得点に繋がると考えた為です。過去問を解く時も最初から、時間を正確に測りながら解きました。本番の試験時間を越えてしまった時は1問2分で解いたりして、早く正確に解く練習もしました。

Q.これから受験される方へ一言。

A.受験とは言え、あまり無理をしすぎずに、たまには休息をしてください。
私は勉強を始めて1か月くらいした頃に勉強が嫌になってしまい、1か月弱何もしない時がありました。しかしまた来年の試験に向けてもう1年も勉強をする方がもっと嫌だと思い、また勉強を始めました。それからの方が集中でき内容も頭の中に入ってきたと思います。
何もしなかった時に他の受験生の体験記を読み、少しお休みする時間を取ったと書いていた方がいたので、私はとても気が楽になったことを覚えています。むやみに焦って詰め込むよりも、1回リフレッシュすることも大切です!!是非来年の宅建合格に向けて頑張って下さい。

Q.合格祝賀返金の使い道は?

A.宅建に合格したので、不動産業界に転職します。その転職活動の資金にしたいと思います。

以前は苦手だった民法が、逆に得意科目になりました!!

西澤 さん
合格者2
就職して間もない頃、一度宅建の試験を受けたことがありました。独学で勉強を始めたのですが、民法の聞いた事もない用語や相続や宅建業の複数の人間が出てくる問題などが難しく、最後まで勉強できないまま試験に臨むことになってしまいました。思ったとおり、問題は全く解けず、不合格でした。”宅建の試験は難しい”という思いだけ残りました。
その後、結婚して子どもが生まれた時に、会社を退職。2人目の子どもが産まれ、子どもを保育園に入園させる前に、宅建を取り、再就職に役立てようと考えました。しかし、独学での勉強は以前失敗しているので自信がなく、色々な会社の講座を検討してみました。その中でエル・エーの講座が、自宅で少しずつ自分のペースで無理なく勉強できそうで、受講料も比較的安価ですし、合格祝賀返金制度は収入のない専業主婦には大変うれしく思い、受講することにしました。
子育てしながらなので、本当に少しずつの勉強で「このペースで大丈夫かな?」と思いましたが、勉強を進めていくうちに余裕があることが解かり、焦らなくなりました。苦手な民法は、先生の”民法は常識で考える”という指導と、過去問を何度も解くことで、正解率が他の問題より良くなり、以前とは全く逆に、得意になりました。
宅建の試験は法令集の持込ができないので、最初は覚えなくてはいけないので大変でしたが、過去問を何度も解くことで出題要点が掴めてきて、試験直前には覚えれば良い所だけ集中できました。合格祝賀返金制度も励みになり、今年合格するぞという意欲にもなり、毎日勉強が続けられました。
エル・エーさんの講座の的確な指導やアドバイス、時には励ましのおかげで、最後まで諦めず、学習することができました。ありがとうございました。

合格すれば更にコストパフォーマンスを高められるのも魅力です!!

大場 さん
合格者
社会人として日々仕事をしている私には、通学による勉強は不可能。しかし、勉強法の予備知識もない資格への挑戦。独学で乗り切るには到底無理があると考え、通信教育を中心にインターネットでいろいろ調べているときのことでした。ある比較サイトで「コストパフォーマンスNo.1」との評価を得ていたことに興味が湧き、エル・エーと他の通信講座の比較をはじめました。毎日朝から晩まで仕事をしているため、教材が多過ぎて学習時間が膨大になるようだとやり切れなくなる可能性が高く、教材料金も高額になることを考えると、そのリスクの大きさを強く感じました。その中でエル・エーは料金と学習内容のバランスが良く、コストパフォーマンス的に最適であるとの判断に至ったことが決め手となりました。
教材が届いた2月中旬、そこから講師のDVDを見る毎日がはじまりました。勉強するのは仕事から帰ってからのため、1日の平均学習時間は60~90分。丁度、講義が終わり確認テストを行うと90分くらいになるので、このサイクルを崩さず、毎日コツコツ積み上げるように取り組みました。学習時間の増加に比例して知識もぐんぐん頭にインプットされるようになりました。学習方法は人それぞれなので、自分にあった学習方法を早く見つけることも重要なポイントです。
ハッキリ言って、試験に合格するために必要なツールはエル・エーから届けられるもので十分です。コツコツ、繰り返し学習するには、膨大な学習時間を要する教材は不向きだと思います。合格を勝ち取った今、エル・エーを選択した私の判断は間違っていなかったと確信しています。金銭的にも時間的にも、より効果的な学習法でがんばりたい方には是非ともおすすめしたいと思います。合格祝賀返金という嬉しい制度もあるので、自分の努力次第で更にコストパフォーマンスを高めることもできます!
その他の合格体験記を見る
ここからエルエーを始めよう