FP技能士検定の資格と仕事

FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士とは…

仕事イメージ
FP技能士は、クライアントの将来目標を実現させるために、ライフプランニングやコンサルティングを行う資格です。ライフプランニングには資産運用や税金、リタイア後の年金などまで、非常に幅広い知識が必要とされ、かつクライアントの将来設計にも関わるため、大変に責任の大きな、やりがいのある仕事です。
ファイナンシャル・プランニング業務についての資格は以前から民間資格(※)としてありましたが、近年のニーズの増加により、2002年より国家検定資格となり、合格者でなければFP技能士を名乗ることができない、「名称独占資格」となりました。
(※)エル・エーFP技能検定講座は、AFP認定研修には該当しませんのでご注意ください。

FP技能士のビジネスフィールド

FP技能士のビジネスフィールドは、銀行や証券会社、保険会社などの金融機関や不動産会社などに属する「企業系FP」と、独立して事務所を構える「独立系FP」の2つに大別できます。企業系FPは業務の一環としてクライアントのコンサルティングを行い、そのプランニングの中に自社の商品を取り入れていくといった業務を行います。独立系FPはコンサルティングのみならず、執筆活動や各種講演、セミナー講師など、様々な業務を行うことができ、そのビジネスフィールドは才覚次第で無限と言えるでしょう。        
<成功のポイント> FP技能士として成功の鍵は、コミュニケーション能力!!
FP技能士はその知識はもちろんのこと、クライアントが持つ将来像を引き出し、具体化して、その実現のプランニングを行う、
まさに他人の「人生」を扱う資格です。それだけに、クライアントの希望を丹念に聞き、
ひとつひとつクライアントと共にプランを組み立てていくコミュニケーション能力が必要です。
また、必要に応じて税理士や社労士と協力してプランニングを行うこともあり、ここでもコミュニケーション能力は重要となってきます。
FPの資格だけで食べていけている人は、日本国内で見ても多くありません。基本的には、付随資格とはなりますが、しかし老後計画の重要性が益々高まっている昨今では、FPの知識というのはとても重宝されます。2級以上を取得していることで、保険会社や金融機関への就転職に一定のアドバンテージがあるでしょう。